rippurufukkyuufukugen

最近話題になっているリップルコイン、買った方が良いのかい?

最近、ネット上でも話題に上ることが多い仮想通貨の中でも、勢いが強いと言われているのがリップルコインです。価格も徐々にですが上昇してきています。

2018年2月追記
リップルの価格が大分下落していますが特に問題ないでしょう。ただの買い場だと思います。

リップルコインの新規参入者もどんどん増えているわけですが、一歩間違えれば大きな損失を出しかねない仮想通貨ですので、購入に二の足を踏んでいるユーザーも少なからずいます。

そこで今回は、「単に仮想通貨はトレンドだから」という理由で納得できない慎重なあなたのために、リップルコインの将来性について言及していきたいと思います。

もちろん、「価値は上がるので絶対に儲かります!」とは断言できませんし保証もありませんが、リップルがどうして人気なのかくらいは理解できると思います。

各国の大手金融機関がリップルを採用し始めている!

rippurufukkyuufukugen

リップルコインのメリットは、その送金の即時性とそれに伴う各種手数料、人件費の削減にあります。

国際間の送金をいちいち銀行を介する現在までの手法では、さまざまな不要なロスが生まれていると言えるのです。リップルコインはその無駄をなくすことができるとあって、各国の金融機関が採用を始めました。

日本でも、SSBIホールディングスがリップル社と共同で会社を設立し、仮想通貨を利用した為替一元化を目指す活動を始めました。そのグループには三菱東京UFJ銀行をはじめとして、みずほ銀行などの大手銀行が参加しており、仮想通貨による国際送金が当たり前に普及する未来も近いと思われています。

世界でもトップクラスの金融機関もリップルコインを採用しはじめ、2018年1月現在でもすでにMoneyGram、MercuryFX、IDTCorporationという企業で提携がされています。2018年に入ってからも次々とこういった大企業との提供が発表されており、今後も目が離せない状況です。また、ビルゲイツの創設した財団や、クレジットカード会社のアメリカンエキスプレスもリップルへの協力体制を示しています。世界中で、リップルのシステムの有用性が理解されている証拠とも言えるでしょう。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう
→失った暗号通貨を救済する CCR

リップルコインの野望とは?

rippurufukkyuufukugen

リップルコインは、ここまで紹介したようにさまざまな大企業との提供を続けているのですが、リップルコインの価格自体はそこまでまだ高いという状態ではありません。

というのも、リップル社は現在、リップルコインの価格上昇ではなく、「流動性(多くの人に使って貰う)」の確保に尽力しているためです。より良いシステム作りや人材確保のために、お金を使っているということですね。

リップル社は、インターネットで世界中どこからでも一瞬で情報のやり取りができるのと同じように、送金・着金も一瞬で完了させる世の中を作ることを目標にしています。自分達の利益を一番に考えるのではなく、この世の中の利便性を確実に担保することで利益を出そうとしている、とも言えるでしょう。

インターネット上での仮想通貨の規格を作成中

rippurufukkyuufukugenそんな野望を持つリップルですが、現在のインターネットの規格を作成した団体に加入し、仮想通貨をインターネット上でどう扱うのかといった規格マニュアルを作成しています。

その流れで、インターネット界隈ではもはや伝説ともなっているティム・バーナーズ・リーさん(インターネットという仕組みを開発し、最初に規格を組み上げた人)がリップル社のイベントに登場するなどの交流もありました。

リップル社が仮想通貨の規格を完成させ、世界の金融取引を一手に担う時代も、そう遠くないかも知れませんね。

リップルの将来性という点ですが、ここまでを見て分かるように非常に明るいものであると考えられます。リップルコインというシステムを理解し、自社取引にリップルを取り入れようとしている大手企業がどんどんでてきているわけですから。今後も、コンビニの支払いなどの少額決済もリップルによるリアルタイム決済が普及していくだろうともいわれており、私たちの身近な会計にもリップルコインが当たり前に登場してくるなんてこともあるかもしれませんね。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう
→失った暗号通貨を救済する CCR