rippurufukkyuufukugen

CCRは仮想通貨現金化トラブルを請け負う最後の砦

CCR(Crypto Currency Resecue)とは、H&K株式会社が運営している仮想通貨トラブル救済サービスのことです。

現時点では、リップルコイン案件が多いですが、他にもエイダコイン、ライトコイン、ビットコインキャッシュといった仮想通貨復旧をサポートしています。

また、仮想通貨の急速な発達に伴うウォレットや取引所の複雑化によるトラブル解決にも力を入れています。

CCRは相談や調査無料、報酬は完全出来高払いなのでユーザーにとって非常にリスクが低いです。というかリスクゼロ。

ただ、そうは言っても保有する仮想通貨周りの情報を開示するのは、少なからず不安が付きまとうものです。そこで今回は、CCRの経歴やサービス体系などを具体的に紹介していきます。まずは、中身を知ることが大切ですね。

リップル 復旧 復元:3日連続で現金化

XRP 現金化成功事例:I.Wさん

巷の声を聞きながら成長してきたCCR

rippurufukkyuufukugen

CCRは2017年6月に発足し、そこから現在まで多くの実績を積み上げてきました。

CCR創設者、H&K株式会社の代表である西川さんは、1ビットコインの価値がまだ500円程度だった当時に購入を見送っており、参入したのは2017年1月頃からという後発組でした。

その後4月に、これまで何年もくすぶっていたリップルコインの価値が急激に上がり始めたことをきっかけに、ずっと放置していた仮想通貨の取り扱いに困っている人達がいることに気づきます

CCRのスタンスは、そういった仮想通貨の急激な台頭とともに生まれた実際の利用者の声やトラブルを元にサービスを展開しています。

実際、発足当初は仮想通貨利用者の方から学ぶことも多くあったようですが、現在ではトラブル救済に関するメソッドも着実に確立しつつあります。

リップル 復旧 復元:成功ユーザーが多数?

XRP 現金化成功事例:S.Hさん

警視庁からも情報の共有を求められる確かな実績

rippurufukkyuufukugen

そんな背景のCCRですが、現在までに5億円以上のリップルコインの救済の他、リップルコイン以外の仮想通貨に関しても多くの実績を持っています。

それ以外にも、巷に出回っている仮想通貨に関するフィッシングサイトの情報提供なども行っており、自分達の地位を確実なものとしています。

その成果として、現在では京都、大阪府警、警視庁からも情報提供を求められるようになっています。

CCRは、予期せぬトラブルで仮想通貨を失いかけている方を救済し、仮想通貨初心者を狙う悪質な詐欺を未然に防ぐための活動をしているのです。

リップル 復旧 復元:2018年7月追記

仮想通貨界隈には悩める人が多い

誠実な対応が評判!仮想通貨でお困りなら何でも相談できる

CCRの評判が高い理由は、利用者のことを第一に考える誠実さであると言えます。

こういった救済サービスには当たり前ですが料金がかかります。多くの企業はそれを「手付金」「成功報酬」と分割して請求しています。

企業利益から考えれば手付金は当然のことです。実際に復旧できるかどかわからない仮想通貨トラブルの場合、チャレンジしても「タダ働き」で終わってしまう可能性もあるからです。

しかし、私たち相談者からすれば、手付金を支払ったのに仮想通貨が戻ってこないという状況こそ最悪のケースですよね。手付金という形で企業側がリスクヘッジすることで利用者のリスクは高まります。相談者が尻込みしてしまう大きな原因の一つと言えるでしょう。

CCRは、そんなユーザーの気持ちを汲み、「完全成果報酬型」の支払い方式を採用しています。

実際に仮想通貨が復旧するまでは、料金が一切かからないということです。

しかも、メールだけでなく、きちんと電話対応までしてくれますし、場合によっては出張による対面作業やヒアリングも行われます。お金を失ってしまうかもしれない、という相談者の不安に寄り添う姿勢がCCRの評判を高める理由です。

  • 仮想通貨のことをよく知らないまま購入したが現金化方法がわからない
  • 知らないうちに残高が無くなってしまった

このような仮想通貨初心者であっても、CCRは暖かい対応で相談に応じてくれます。もちろん、高度なトラブルにも応えられる能力もあります。

一言で言えば、仮想通貨に関するトラブルがあれば、とにかくCCRに相談してみてくださいということです。繰り返しますが、相談は無料で手付金も必要ありません。あなたが損をすることはあり得ないので安心してくださいね。

XRPの問い合わせが多い:2018年5月追記

大口さんが現れた!2018年8月:追記