rippurufukkyuufukugen

Trezorは世界中で標準的に使用されているハードウェア型ウォレット

Trezor(トレザー)は、最近では100ヶ国以上で標準的に使用されているハードウェア型のウォレットです。USBでパソコンに接続すればブラウザ上でウォレットができ、オフラインで安全にビットコインキャッシュを保管することが可能です。

また、デバイス内のシークレットキーが盗まれることもありませんので、安心して取引ができるのが特徴です。シンプルかつスタイリッシュなデザインで、非常に軽量化されているので持ち運びにも便利になっています。設定も簡単ですので、これまでハードウェア型ウォレットを使ったことがない人も使いやすいかと思います。今回は、そんなTrezorについて解説していきます。

Trezorの特徴!メリットとデメリットについて

rippurufukkyuufukugen

折角セキュリティが高くても、常にうまく動かなければ意味がありません。ハードウェアウォレットにはTrezor以外にもいくつか種類がありますが、その中でもTrezorはトップクラスの動作安定性を誇ります。世界的なシェアも高く、Zaif公式サイトでも紹介がされていることからも、信頼性の高さが伺えますよね。

もちろんデバイスの安全性も非常に高く、仮にシークレットキーを盗まれたとしてもPINコードをTrezorに直接打ち込まなければ送金などができないようになっています。

ちなみに、価格は日本円で1台14800円です。他のハードウェアウォレットと比べると若干高いですが、代わりに安全性が担保されたと考えれば納得できる価格帯ではあると思います。

また、対応している通貨にも若干癖があるので注意が必要です。大手ブランド通貨は大体押さえていますが、リップルコインには対応していません。リップルコインも利用しているという方は、リップルコイン用のウォレットも必要になります。

一方、他のハードウェアウォレットではあまり対応していないNEMがTrezorでは対応しているので、NEMユーザーが安全に管理したいと思ったときには必須のデバイスと言えます。

Trezorをウォレットに連携させることでそこから各通貨を利用できる

rippurufukkyuufukugen

Trezorには、各ウォレットとの連携ができるという特徴があります。ビットコインやイーサリアム、ライトコインなど現在では連携可能なウォレットが10種類以上にものぼります。連携させておけば、残高の確認や通貨の送金、受金が可能になりますし、そのウォレットが対応しているトークンも管理可能になります。

また、Trezorは複数のアカウントを作ることができ、通貨毎に10種類のアカウントが作成可能です。場面に応じてアカウントを使い分けることができるのは便利なので、ぜひ利用してみてください。

安全に仮想通貨を保管するためにTrezorを導入するにあたって

複数の仮想通貨を一括で安全に管理するには、やはりハードウェアウォレットの導入は不可欠です。Trezorはセキュリティ面ではかなり信頼がおけるので、初めてハードウェアウォレットを使うという方にもおすすめですよ。他ブランドのハードウェアウォレットと比べると若干高価ではありますが、その分安心感は強いと思います。

ちなみに、Trezorを購入する際は公式サイトか正規代理店を利用するようにしましょう。間違っても、安いからと言ってフリマサイトなどで中古品を購入するということは止めて下さい。一旦誰かの手に渡ったハードウェアウォレットでは、悪意あるウイルスなどが仕込まれ、シークレットキーなどを盗まれてしまう可能性があります。購入するときは必ず販売元を確認して、新品のものを選びましょう。Amazonで出品されているものの中にも、一度手を加えられたものが紛れていることがあるという報告もありますので、Amazonで買うのも可能な限り避けるのが賢明でしょう。