rippurufukkyuufukugen

第二のビットコインと呼ばれるライトコイン

ライトコインは第二のビットコインとして注目を集めており、数ある仮想通貨の中でもビットコイン、イーサリアムなどに次ぎ世界第4位の取引量を誇ります。また、価格も安定しながら上昇を続けています。

ビットコインの有名化と同時に、ライトコインを新しく買い始めたという方も多いでしょう。しかし、日本でのライトコインの取引販売所は2017年12月現在で10カ所足らずとなっています。徐々に増えてきているとは言え、まだまだ主流となるには時間がかかりそうです。

そのため、未だにライトコインの現金化は一度ビットコインなどを通して行われるのが一般的となっています。しかし、その際の送金不具合や残高トラブルなどで現金化が上手くいかないというケースもみられます。

このようなライトコインの現金化トラブルも、CCR(Crypto Currency Rescue)なら、解決できるかもしれません。

仮想通貨界隈には悩める人が多い

XRPの問い合わせが多い:2018年5月追記

ライトコインの残高がゼロになった!取り戻せる?

rippurufukkyuufukugenライトコインの現金化トラブルで起こりやすいのが、残高が急になくなってしまうというものです。

パソコンの故障で初期化をした際など、ライトコインのウォレット残高がゼロと表示される状態になることがあるのです。

確かにあったはずの残高がゼロ表記になってしまえば誰でも動揺してしまいます。

しかし、一旦落ち着いてください。CCRに依頼すればそのようなウォレット残高による現金化トラブルを解決できる可能性があります。

CCRでは復旧作業を行う際、基本的に電話を繋ぎながらの作業となるので手続きが非常に透明化されていて安心感があります。

しかも、復旧が完了するまで一切費用がかからないという完全成果報酬型のため、万が一うまく復旧できなくても費用は1円も発生しないのです。

大口さんが現れた!2018年8月:追記

リップル 復旧 復元:成功ユーザーが多数?

送金が反映されない!そんなトラブルもCCRで解決

rippurufukkyuufukugen

ライトコインはビットコインと比べて送金が早いというメリットがあります。しかし、その送金に関する現金化トラブルが発生していることも事実です。

例えば、現金化のために取引所に送金したにも関わらず、調べても取引履歴が残っていないというようなトラブルです。こうなってしまうと、送金した分のライトコインは失われ、送金先のビットコインも増えていないという最悪の状況になってしまいます。

このような2社間でのトラブルは非常に面倒なことになります。業者間でユーザーが板挟みになってしまい、どちらに問い合わせるべきか悩んだ挙句、結局、両社とやり取りをする羽目になるからです。

しかも、酷い場合は「相手側に問題がある」と主張して有効な対策を提示してくれないケースもあります。こんな時にも頼りになるのがCCRです。

CCRなら、上記のような送金トラブルに関しても手厚くサポートをしてくれます。これまでも、非常に沢山の送金トラブル解決事例があり、多くの人が失ったライトコインを取り戻しています。

XRP 現金化成功事例:S.Hさん

リップル 復旧 復元:3日連続で現金化

多数の仮想通貨トラブルを解決してきたCCR

公式サイトをご覧いただければ分かると思いますが、CCRには日本円にして数億円以上の仮想通貨復旧実績があります。

もちろん、依頼さえすれば100%ライトコインが戻ってくるという保障はありません。しかし、自力で解決しようとするより遥かに効率が良いですし、他のサービスに手付金を払うよりも確実にお得です。

一方で、自分の仮想通貨アカウントを開示することに不安を抱く人もいるかもしれませんが安心してください。ライトコイン現金化トラブルの場合、基本的には電話口でやり取りしながら復旧作業を行うからです。そのため、疑問点などがあればリアルタイムで確認することができますし、長い期間アカウント情報を預ける必要がないのです。

そもそも、CCRは「信用第一」を1番のウリにしています。ホスピタリティや技術レベルが非常に高いことを評価され、今では「国からの依頼」さえもこなすほどです。

ホームページもユーザー目線で設計されていて、お問い合わせフォームなども分かりやすいです。トラブルの種類や仮想通貨の名称を選んで送信し、具体的なヒアリングメールのやり取りをするだけで完了です。

あとは、復元を祈って待つだけです。

XRP 現金化成功事例:I.Wさん

XRP 現金化成功事例:J.Kさん