rippurufukkyuufukugen

オフラインで安全なペーパーウォレットでビットコインキャッシュを保存

ビットコインキャッシュを始めとした仮想通貨の保存方法にはいくつか種類がありますが、まだ取引所にそのまま預けている、なんて方はいませんか?コインチェックの流出事件がまだ記憶に新しいところだと思いますが、仮想通貨を取引所に預けたままだとあなたの仮想通貨はオンライン上の様々なリスクに晒されていると言えるでしょう。

そこでおすすめなのが、仮想通貨をオフラインで管理できるペーパーウォレットの活用です。そこで今回は、ビットコインキャッシュを手軽にペーパーウォレットに移動できるCashAddressの使い方を解説していきます。

CashAddressでペーパーウォレットを印刷

rippurufukkyuufukugen

まずはこちらのサイト(https://github.com/theantnest/bccaddress)の右側緑色の「Clone or download」をクリックしてZIPファイルをダウンロード、解凍してください。解凍したフォルダ内の「cashaddress.org」を開くとペーパーウォレット作成画面が開くのですが、その前にパソコンをオフラインにしておくとより安全です。

Cashaddressを起動後、画面上でマウスカーソルをランダムに動かすと画面内のパーセンテージが増えていくので、100%になるまで続けましょう。ちなみにキー入力でも可能なので、マウスを動かすのが面倒な方はこちらでパーセンテージを100%にしてください。100%になるとビットコインキャッシュのウォレットアドレスとシークレットキーの文字列、QRコードが表示されます。

中央にある「Paper wallet」をクリックすると印刷用のペーパーウォレットが表示されるので、あとはこれを印刷すれば完了です。「Addresses to ganerate」の数値が作成するペーパーウォレットの枚数になるので、1枚で良いなら1と入力しておきましょう。

特に難しい操作はないので、初心者の方でも簡単に作成できると思います。

ペーパーウォレットの取り扱いにおける注意点

rippurufukkyuufukugen

ペーパーウォレットを作成すればオフラインで仮想通貨を管理できるので、ネットワークのトラブルによる流出などの心配はありません。しかし、その他の注意点がいくつかあります。

まずは、ペーパーウォレット自体の紛失や盗難(見られるなど)です。ペーパーウォレットはその一枚でウォレットの管理が完結するので、誰かに拾われたりでもすればウォレット内の通貨は簡単に引き出されてしまいます。ペーパーウォレットの物理的な管理を徹底する必要があります。

また、アドレスやシークレットキーはQRコードでの表示になっているので、読み取ろうと思えば一瞬です。安易に人前に晒したり、机の上に置きっぱなしにしたりするのも非常に危険な行為であることを自覚しておきましょう。

安全に仮想通貨を保管できる自分にあったウォレットの選択を

自分の仮想通貨を取引所に置いておくのは確かに楽で手間もないのですが、件の流出事件のように何かトラブルが起きてから嘆いても遅いです。よりたくさんの通貨を取り扱うようになれば、そうなったときの損失も大きくなります。早い内から、ペーパーウォレットのようなオフラインのウォレット管理に慣れておくと良いでしょう。今回紹介したcashaddressは手順も非常に簡単ですし、費用も一切かかりませんので初めての方にもおすすめです。

ウォレットはいくつかに分散しておくことで、万一の際の損失を減らすこともできます。まずは少額の管理からでも良いので、ぜひチャレンジしてみてください。また、宴会の景品としてペーパーウォレットで仮想通貨をプレゼントしたりすることもできちゃいます。一風変わった景品の一つとして使ってみるのも面白いでしょう。オフラインのウォレットには他にもUSBデバイス形式でのものもあるので、慣れてきたらそちらの導入も検討してみてくださいね。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう

→失った暗号通貨を救済する CCR