rippurufukkyuufukugen

ビットコインキャッシュを保管するウォレットにはたくさん種類がある

ビットコインキャッシュの取り扱いを始めたばかりの方は、恐らく自分の通貨は取引所で保管していることと思います。しかし、今後仮想通貨を取り扱っていく上で「ウォレット」の理解は絶対に必要です。ウォレットは仮想通貨を保管するための財布のことで、実はいくつも種類があります。

大きく分けると、取引所などに保管するオンラインウォレット、自分のパソコンに保管するソフトウェアウォレット、USBや紙媒体などで保管するハードウェアウォレットの3種類です。今回は、仮想通貨を保管するウォレットの解説をしていきます。どのウォレットを選んでも良いので、自分の性格に合ったウォレットを選択しましょう。

とにかく手軽さが魅力のオンラインウォレット

取引所などに自分の仮想通貨を置いておくことも可能です。このようなオンラインサービス上のウォレットを総じてオンラインウォレットと言います。とにかく手軽なのが特徴で、取引と管理が一括して行えるので非常に楽です。しかし、取引所そのものがハッキングの被害などに遭うと、自分の通貨もその被害に遭うリスクがあるので注意が必要です。

ちなみに取引所に預ける以外にもWeb上のウォレットはあります。サイトによってはシークレットキーをウォレットサイト側で把握しないタイプのものがあるので、その場合はウォレットサイトがハッキングに遭っても自分の通貨(シークレットキー)は守られます。

仮想通貨を物理的に管理できるハードウェアウォレット

rippurufukkyuufukugen

一方、仮想通貨を完全なオフラインで管理するのがハードウェアウォレットです。USBなどの端末で管理するタイプと、ウォレットアドレスとシークレットキーを紙に印刷して管理するペーパーウォレットがあります。どちらもオフラインで管理ができるので、ハッキングなどの危険性からは隔離することができます。最もセキュリティが高い保管方法なので、扱う仮想通貨の金額が増えてきたら是非とも導入して欲しいウォレットになります。

ただ安全性が高い反面、若干扱いが難しく手間があります。そして端末そのものの紛失や盗難などにも気をつける必要があるのがポイントです。形のない仮想通貨を形ある財布にしまっている、とも言えますね。また、USB端末を利用する場合にはそれを購入する費用も必要になります。

自分のパソコンやスマホで鍵を管理するソフトウェアウォレット

rippurufukkyuufukugen

オンラインウォレットとハードウェアウォレットのちょうど中間に位置するのが、ソフトウェアウォレットです。ソフトウェアウォレットはパソコンやスマートフォンの中に自分専用のウォレットをダウンロードして仮想通貨を管理する方法です。

シークレットキーは自分で管理することになるので、自分のパソコンやスマホを直接ハッカーに狙われない限りは安全と言えます。普段使っている端末がそのままウォレットになるので、使い勝手も悪くないです。ただ、自分の端末がウイルスに感染するなどしたときは、流出などのリスクがありますので、ハードウェアウォレットに比べるとセキュリティは劣ります

ちなみにウォレットをダウンロードした端末をオフラインにしておけば、疑似的ですがハードウェアウォレットとしても使えるでしょう。

仮想通貨は全てが自己責任ですので、どのウォレットを使うかも自由に決めて良いです。とは言え、扱う金額が増えてくると取引所にそのまま全て預けっぱなしというのはあまりおすすめできません。取引などで扱う余剰金を取引所に残し、残りはハードウェアウォレットなどで安全に管理しておくのが賢い仮想通貨の使い方と言えるでしょう。取引所以外のウォレットを使ったことが無かった人も、今回の内容を参考にしながら新しいウォレットを使ってみてはいかがでしょうか。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう

→失った暗号通貨を救済する CCR