rippurufukkyuufukugen

送金したはずのビットコインキャッシュが届かないトラブルが起きたら

仮想通貨のトラブルで多いのは、「送金したはずなのに着金しない」というもの。アドレスの入力ミスや送金する仮想通貨が受け取り先のウォレットに対応していないなど、その原因は様々です。

しかし、原因はなんであれ送金したのに着金しないということであればまずはトランザクションの確認が必要です。取引所などにトラブルを問い合わせるときにも、とにもかくにもその取引のトランザクションがなければ話になりません。今回は、そんなトラブルが起きたときのためにトランザクション確認の手順を解説していきますよ。

トランザクションとは?ビットコインキャッシュの場合の確認方法について

rippurufukkyuufukugen

トランザクションとは仮想通貨の取引における記録のようなもので、大手の取引所などを利用していれば履歴のところでトランザクションを確認できるページがあるはずです。

もしそういった親切なサービスがない場合や、自分のウォレットから直接送金した場合などは自分でエクスプローラからトランザクションを調べる必要があります。

ビットコインキャッシュのトランザクションを確認するのにおすすめなのは、blockdozer(https://blockdozer.com/)というサイトです。ウォレットのハッシュ値を検索ボックスに入力するだけなので、かなりわかりやすいです。

検索後のページで赤いボックスが表示されていれば、まだ取引の承認が受けられていないという状態です。青色になると承認が始まったということで、「1 CONFIRMATION」、「2 CONFIRMATION」と数字が増えていきます。必要な承認数は送金先によっても変わりますが、数字が増えているなら送金は行われているということが確認できます。

着金していないがトランザクションは見つかった場合

さて、着金が確認できない場合にはまず上記の手順でトランザクションを確認するわけですが、そのトランザクションの詳細で「未確認(unconfirmed)」となっていた場合は、取引の認証がまだ済んでいないということになります。仮想通貨の取引はマイナーの承認処理によって行われますので、マイナーの処理速度と利用者の取引数のバランスが取れていないと送金詰まりが起こってしまいます。この場合は、とにかく待つしかありません。

ビットコインキャッシュはビットコインと比べると送金詰まりが起こりにくいのですが、取引のタイミングによっては数時間かかることもあります。手数料を高めに設定すると早く承認される可能性が高まるので、次回以降急いで送金したい場合などには手数料を高めに設定してみると良いかも知れません。

また、もし確認が何度もされているのに着金が確認できないという場合には、アドレス間違いの可能性があります。着金予定だったウォレット以外のウォレットに送金されてしまっているということですね。この場合は、もう個人の力では送金した通貨を取り戻すことは困難だと思って下さい。取引所に問い合わせるか、この後に紹介するCCRというサービスに問い合わせるしかありません。

トランザクション、着金が確認出来ない場合CCRへ相談を!

rippurufukkyuufukugen

送金トラブルの中には、いくら検索してもトランザクションが確認できないということもあります。その場合は、まず検索しているトランザクションIDが本当に正しいのか確認しましょう。

間違いなく正しいのにトランザクションが確認できないという場合に考えられるのは、仮想通貨の取引ネットワークにトラブルが起きていて取引そのものが始まっていないか、トランザクションの確認に至るまでに大きな遅延が生じているかというものです。この場合も数時間ほど時間をおいて検索し直してみて下さい。

それでもトランザクションの確認が取れない場合には、CCRに問い合わせてみて下さい。CCRは様々なトラブルで失われた仮想通貨の救済実績がある、信頼できる企業です。

しかも、相談は無料でできるので、現在自分が置かれている状況で救済が可能なのかどうかをチェックしてもらう分には一切お金はかかりません。救済が完了したときに出来高で支払う形なので、お金は帰ってこないけど手数料を払わなければならない、なんて損はしないのがCCRの特徴です。

仮想通貨のトラブルは個人では解決できないことも多くありますし、せっかく相談が無料なのですから困ったらとりあえずCCRに頼ってみるというのが良いと思います。一日でも早く送金・着金トラブルが解決されることを祈っています。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう

→失った暗号通貨を救済する CCR