rippurufukkyuufukugen

ビットコインキャッシュのマイニング方法は大きく3種類

2017年に誕生したビットコインキャッシュですが、価格も安定して上昇を続けており、注目している人も多いのではないでしょうか。基本的には、取引所や販売所でビットコインキャッシュを購入してさらなる価格高騰を待つという流れかと思いますが、ビットコインキャッシュを手に入れる方法はそれ以外にも、「マイニング」というものがあります。

マイニングとは、ビットコインキャッシュの取引に必要な処理を代行することでその報酬としてビットコインキャッシュを受け取ることができるというもので、大きく3つの種類があります。今回は、ビットコインキャッシュのマイニングについて掘り下げていきます。

個人で頑張るソロマイニングとチームでシェアするプールマイニング

rippurufukkyuufukugen

マイニングはネットに接続されているコンピューターさえあれば、だれでも行う事ができるのが特徴です。個人でマイニング用のパソコンを用意すれば、自宅ででも始めることができますよ。このように、個人でマイニングを行うタイプをソロマイニングと言います。

ソロマイニングは自分が得た利益を丸々ゲットできるのが一番のメリットですが、他のマイナー(マイニングする人)たちすべてが競合相手になってしまいます。また、大手の大規模マイニング企業などと比べるとマシンスペックなども劣るのが普通なので、なかなか大きな利益を上げるのは難しいと言われています。

そのため、多くはプールマイニングというチーム制でのマイニングが採用されています。家庭用のパソコンでもマイニングに比較的気軽に参加でき、ある程度の利益を上げることができます。ただ、チームで取り分を配分することになり、その割合はパソコンの性能にも依存します。参加するプールを間違えると、あまり利益にならないこともあります。

マイニングの代行サービスを利用するクラウドマイニング

rippurufukkyuufukugen

マイニング用のパソコンなんて持ってないし、一日中パソコンを起動しっぱなしなんて電気代も気になる…という方でも、マイニングをあきらめることはありません。そんな方におすすめなのが、クラウドマイニングというマイニング代行サービスです。

これは、契約金を支払えばマイニングの作業は勝手にやってくれて、報酬だけが入ってくるというサービスです。マシンのスペックや電気代を気にする必要がないので、誰でも気軽に始められると思います。注意点としては契約期間が年単位なので、もし契約期間中にビットコインキャッシュの価値が急落してしまったり、クラウドマイニング会社が倒産したりすると、契約金をペイすることができなくなる可能性があるということです。契約する際は、長い目で見ても安定しそうな大手仮想通貨を選択するのが得策と言えるでしょう。

マイニングで儲けるためには設備の性能と消費電力がカギ

マイニングはマシンのスペックがものを言うので、なかなか個人宅でのマイニングで大きな利益を上げるのは難しいでしょう。今やマイニングは企業規模でかなりの資金をかけて行うものとなってきているので、個人での新規参入は無謀です。もしマイニングに参加するつもりならば、プールマイニングが無難でしょう。

また、マイニングを行うにはパソコンを動かし続ける必要があるので、日本のような電気代の高い国ではそもそも儲けるためのハードルが高いと言えます。実際、大手のマイニング企業は電気代の安い中国などにマイニングの拠点を置いているのです。このように、個人規模では思ったより儲からないというのがマイニングの実際ではありますが、取引所などで購入するのとはまた違った楽しみもあるので、興味がある方は一度マイニングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう

→失った暗号通貨を救済する CCR