rippurufukkyuufukugen

ビットコインキャッシュの流通の根幹を担う「P2P」の特徴

ビットコインやビットコインキャッシュなどの仮想通貨について調べていると、「P2P」という言葉が良く出てきます。P2Pとは取引方式の種類のことなのですが、その仕組みをよく知らないという方も多いと思います。しかし、実際に自分のお金を使って仮想通貨を購入し取引する以上、知らないままではいられません。

また、よく知らない仕組みでお金をやり取りすることに不安を感じてしまって仮想通貨を始められないというのも勿体ないです。今回は、そんな少しわかりにくい仮想通貨の取引方式「P2P」の仕組みについて解説していきます。

中央サーバーを持たない相互監視の取引

rippurufukkyuufukugen

「P2P」とは「Peer to Peer」の略称になります。「peer」というのは「端末」という意味なので、Peer to Peerとはつまり端末から端末へ直接接続をするということです。

現在の一般的なネットワークサービスはサーバーベースネットワークと言って中央にユーザー間の接続を管理するサーバーが設置されているのが普通です。しかし、このP2Pではそういった中央サーバーは存在せず、お互いの端末同士で信頼し合って管理するという集団監視のネットワークになっています。

これにより、中央サーバーの管理者が情報を一括して管理することで生じるブラックボックスが取り払われ、利用者間で全ての取引の履歴を遡ることができるというクリーンな取引環境が確立されます。この環境こそが、仮想通貨という形の無いお金を信頼して取引するためには必要なのです

取引の履歴を誰でも、どこまでも遡ることができる

rippurufukkyuufukugen

ビットコインキャッシュの取引履歴は、ブロックチェーンという形の取引台帳として保存されています。例えばあなたがどこからかビットコインキャッシュを手に入れ、それを誰かに売ったとします。するとその取引記録はコンピューター上に履歴として残りますが、その取引履歴はあなたの取引相手はもちろんのこと、その取引とは全く関係のない第三者でも参照することが可能です。

具体的には、こちらのサイト(https://blockchain.info/)から世界中の取引の履歴を確認することができます。また、この履歴は1つ1つが鎖のように連なり、その内のどれか1つだけを取り出して改ざんすることが困難であるのが最大の特徴です。

「形の無い通貨だと、簡単にコピーや改ざんができるのでは?」という疑問を持つ方も多いですが、このブロックチェーンという仕組みのおかげで、不正な取引をほとんど完全にチャットアウトすることが可能なのです。そして、この取引履歴はP2Pのネットワーク上に存在しています。そのため、中央サーバーのデータがハッキングされて全てが消える、などというトラブルも起こりえません。

形の無い通貨ですが、安全性は非常に高いのが特徴

仮想通貨という形の見えない通貨を利用するに当たって、安全性に関する不安は付きものだと思います。しかし、P2Pやブロックチェーンという仕組みを少し理解すると、仮想通貨の取引の透明性、安全性がいかに高いかということがわかると思います。

以前はP2Pのシステムによるファイルの流出などのトラブルが頻発していたので、P2Pという言葉に忌避感を持っている方も多いです。ただ、ビットコインキャッシュの取引ではそのP2Pのシステムの中にブロックチェーンという改ざん・不正を困難にする仕組みを取り入れています。

特定のサーバーに依存せず、かつ全ての取引を誰でも遡ることができるというビットコインキャッシュの取引方式は、考え得る限りかなり安全性が高いと言えるでしょう。取引がどのように記録されているのか気になる方は、自分の取引の履歴を一度チェックしてみると良いと思います。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう

→失った暗号通貨を救済する CCR