rippurufukkyuufukugen

エイダコインは現金化までの手順が複雑でわかりにくい!

プレリリースでテストが行われていたエイダコイン(ADA)ですが、ついに2017年10月より売買取引が可能になり、個人間での送金や取引所での現金化もできるようになりました。

しかし、エイダコインの現金化には手順が多く有り、仮想通貨初心者の方からすると少し難しいという声も聞かれます。エイダコインの取引から現金化までを代行するコンシェルジュサービスが存在しているほどです。これらのサービスは、一定の手数料はかかりますが、その分安心感が得られると評判です。

一方で、そのようなサービスを利用せず自力で取引している方の中には、大事なシークレットキーや証明書を紛失してしまう人も多いです。結果的に、現金化できないというトラブルが多発しているのが現状です。

このページでは、そんな現金化に関するトラブル解決に貢献するCCR(Crypto Currency Rescue)というサービスを紹介していきます。エイダコインの現金化を諦める前に、ぜひ目を通して下さい。

リップル 復旧 復元:シークレットキー紛失

移管作業を忘れていた:ログインできないケース

エイダコインは直接現金化できない?

実は2018年1月現在、エイダコインを直接現金化して銀行口座に入金してくれる取引所はありません。エイダコインを現金化するためには、一度ビットコインかイーサリアムに交換する必要があるのです。

これが、仮想通貨初心者にとっては1つのハードルになっているのかもしれません。

まずは、いくつかの仮想通貨取引所のアカウントを開設し、エイダコインで他の仮想通貨に変換、そこから現金化という流れになります。

もちろん、エイダコインのウォレットである「Daedalus(ダイダロス)」のダウンロードも必須です。この一連の流れで必要な、IDやパスワードを紛失してしまえば、エイダコインの現金化は事実上不可能になってしまうということです。

リップル復旧 復元:ウォレットアプリ誤削除

CCRなら、かなりの高確率で復旧可能

紛失しやすいシークレットキーはたくさんある

rippurufukkyuufukugenエイダコインのウォレットである「Daedalus」では、ウォレット登録時に復元フレーズというものが提示されます。

これは名前こそ違うものの、リップルコインで言うところのシークレットキーにあたります。

復元コードは、普段は使うことはありませんが、パソコンが壊れたりウォレットが起動しなくなったりしたときに使う緊急回避コードのようなものです。

もちろん、普段は使わないので常に覚えておくというのは困難でしょう。しかも、復元コードは12個もの英単語で構成されており、記録ミスも起こりやすいです。

また、エイダコインをウォレットに還元する際、3種類の証明書や9つのパスワードが必要になるなど大事な情報が多すぎです。これではシステムとしての安全性は高い一方、紛失リスクも高くなってしまうのが現状です。

リップル 復旧 復元:CCR 依頼方法

リップル 復旧 復元:仮想通貨現金化に成功

CCRでエイダコインの移管トラブルを一挙に解決!復元・復旧の可能性はある

rippurufukkyuufukugenこれまで述べたように、エイダコインに関する「現金化できない」というトラブルは様々な原因で起こります。多くのIDやパスワードを管理しきれなくなってしまった方も多いでしょう。

しかし、CCRに依頼すればそのような現金化トラブルに対し、非常に親身になって打開策を提示してくれます。そのため、「こんなことを問い合わせても良いのだろうか」と不安になる必要はありません。

CCRでは、相談の段階では料金の請求は一切なく、現金化に成功したときのみ「成功報酬」という形で一定の代金を支払います。依頼する側からすれば完全にノーリスクなので、該当する方は一度相談してみると良いでしょう。

また、プレセールからエイダコインを買っていた方の中には、上場後の還元用コードがうまく作動しなかったというトラブルの報告もあります。このような、全く自分に落ち度の無いトラブルについてもCCRでは多数の解決実績があります。

証明書のトラブルや復元コードのトラブルなど、何らかの理由でエイダコイン現金化に苦労しているのであれば早急に相談してみることをお勧めします。

リップル 現金化成功事例:I.Sさん

BCH 現金化成功事例:H.Kさん

2018年7月追記:エイダコインの復旧に成功した事例

実は、エイダコイン復元依頼もかなり多いです。一時期は、「詐欺コインではないか!?」と黒い噂がたっていたエイダコインですが蓋を開けてみればそんなことはなく、今では大人気銘柄のひとつとなっています。

結果的に、エイダコインを購入したユーザーが多数になったことでトラブル事例も増えています。と言っても、エイダコインそのものに問題があるわけではなく、所持しているユーザーの人為的ミスが多い印象です。

事実、2018年7月時点では以下のような復旧依頼が入り、CCRが復元作業を遂行している最中です。

銘柄 復旧枚数 レート(2018/7/19) 日本円換算
エイダコイン 35,423枚 19円 673,037円
エイダコイン 9,587枚 19円 182,153円
エイダコイン 128,548枚 19円 2,442,412円

もしエイダコイン全盛期の価格だったら・・・

上記、3ユーザーの復旧を祈りつつ、これがもしエイダコイン全盛期の価格だったらどんな数字になるのか計算してみました。「余計なことはするな」と怒られてしまうかもしれませんがすみません。

銘柄 復旧枚数 レート(2018/7/19) 日本円換算
エイダコイン 35,423枚 133円 4,711,259円
エイダコイン 9,587枚 133円 1,275,071円
エイダコイン 128,548枚 133円 17,096,884円

まるっきり桁が違ってしまいますね。良くも悪くも、これが仮想通貨の凄まじいところです。

LTC 現金化成功事例:T.Kさん

リップル 復旧 復元:2018年7月追記