rippurufukkyuufukugen

取引所のウォレットに保管している人は要注意!

2018年1月に世間を賑わわせた仮想通貨関連のニュースに、コインチェックのXEM流出という事件がありました。発覚時のレートで、実に580億円ものXEMが流出していたことがわかっています。その後のコインチェック代表の説明では日本円の出金が始まるようですが、おそらく大量の返金申請が予想されるとあって、いったいいつになるのかわからない状態です。

そんな中、自分の仮想通貨を保管するために、ハードウェアウォレットを購入する人が増えています。ハードウェアウォレットというのはいわば自宅に置く金庫のようなもので、取引所のウォレットに保管しているのと比べるとセキュリティの高さが段違いなのです。コインチェックの事件の二の舞にならないよう、ぜひ導入をおすすめします。

リップルコインを保管するならLedger nano Sがおすすめ

ハードウェアウォレットにもたくさんの種類があります。有名どころではTREZOR、Keepkeyなどがありますが、残念ながらリップルコインには対応していません。リップルコインの取引があるという方には、Ledger nano S(レジャーナノS)がおすすめです。

実はリップルコインに対応しているハードウェアウォレットは少ないのですが、このLedger nanoSは対応アプリをインストールすることで30種類近い仮想通貨に対応することができます。リップルコイン以外にも、ビットコインやイーサリアム、ライトコインなど有名どころは漏れなく押さえているので、複数の仮想通貨を保有していたとしてもLedger nano Sがあれば保管に困ることはないでしょう。

ただ、1台で管理できるのは最大で5種類までなので、それ以上の仮想通貨を持っている場合は2台3台と用意する必要があります。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう
→失った暗号通貨を救済する CCR

ハードウェアウォレットは正規代理店で購入しましょう

rippurufukkyuufukugen

ハードウェアウォレットは、各々でデバイスを購入してその中に仮想通貨を保管します。こういう仕組みを、ネット上に保管するホットウォレットに対してコールドウォレットと呼んでいます。

コールドウォレットの強みは、圧倒的なセキュリティの高さにあるわけですが、逆にこのデバイスに目を付けて悪事を働こうとする人も少なからずいます。例えば、ハードウェアウォレットのデバイスそのものにウイルスを忍ばせ、保管した仮想通貨をそのまま奪い取るなんていうケースもあります。

ハードウェアウォレットを購入するときは、必ず正規代理店から購入するようにしましょう。一度誰かの手を経由していたり、正規店とは関係ない出品者などからは、いくら価格が安くても購入してはいけません。こんなところで変にケチってしまうと、後々仮想通貨を失ってしまうかもしれません。きっちり、信頼できるお店で購入するようにしましょうね。

安全に仮想通貨取引を楽しみましょう

rippurufukkyuufukugen

仮想通貨を始めたての方は、当然のように取引所のウォレットに仮想通貨を保管していると思います。手間も無く扱いやすいというメリットはありますが、その分ハッキングなどに対するリスクというものを理解しておかなければなりません。

何かがあってから嘆いても、誰もあなたの仮想通貨を保障してくれません。取引に慣れて扱う金額が増えてきたなら、どこかでハードウェアウォレットへの移行をしておくということを強くおすすめします。

今回紹介したLedger nano Sは2万円もあれば購入出来ますので、全仮想通貨を失わないための保険の一つとして買っておくと考えれば安い物だと思います。

仮想通貨市場が熱くなっている今、次にどんなトラブルが起こるかは全く予想できません。自分のリップルコインは、自分でしっかり守るというのがこれからの常識になるでしょう。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう
→失った暗号通貨を救済する CCR