rippurufukkyuufukugen

ビットコインのハードフォークによって生まれたビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインからハードフォーク(分岐)して生まれた比較的新しい仮想通貨です。ビットコインに比べてブロックサイズが8倍となっており、取引の処理能力がその分かなり高いのが特徴です。ビットコインの利用者の不満の声で多い「送金が遅い」「手数料が高すぎる」という問題点を解消しつつ、かつてのビットコインのシステムを残している正統派ポストビットコインという位置づけになっています。

2017年後半からビットコインキャッシュの実需はどんどん拡大しており、ビットコインの決済を取りやめてビットコインキャッシュに切り替えているというところも増えています。今回は、そんなビットコインキャッシュの特徴について解説していきます。

ビットコインキャッシュのメリット

rippurufukkyuufukugen

ビットコインキャッシュのメリットは、ハードフォーク元であるビットコインと比較することで分かりやすく理解できます。まず、ビットコインとの一番の違いはブロックサイズが8倍になっていることです。ブロックサイズとは、簡単に言えば取引の窓口の数のことで、ブロックサイズが大きいほど取引にかかる時間が短縮され、仮想通貨の流通性が高まります。

また、手数料も低く抑えられるというメリットもあります。送金に時間がかかり手数料もかなり高額になってしまっているビットコインよりも、ビットコインキャッシュの方が決済通貨としては優れているというのが、ほぼ満場一致の意見になりつつあります。

さらに、2018年3月より、ショートメッセージだけでビットコインキャッシュが送金できるコインテキストというサービスが開始されます。これまでは、ネット環境や仮想通貨ウォレットがなければ仮想通貨のやりとりはできないというのが常識でしたが、コインテキストの開始によって電話回線(携帯電話)さえあれば送金が可能になったのです。つまり、先進国だけでなく発展途上国でも仮想通貨普及の可能性があるということで、これは他の仮想通貨にはあまりない大きなメリットになっています。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう
→失った暗号通貨を救済する CCR

ビットコインキャッシュのデメリット

rippurufukkyuufukugen

ビットコインキャッシュには一見デメリットがほとんど無いように見えるのですが、全くのノーリスクかと言われればそうではありません。

まずは、決済利用できる場がまだあまり多くないということです。ビットコインからビットコインキャッシュへの切り替えが始まっているとは言え、まだ実際にはビットコインがその多くを占めているというのが現状です。

今後、ビットコインキャッシュが完全に置き換わるという保障もあるわけではないので、急に失速した場合投資が無駄になる可能性がまだあります。また、本家ビットコインも取引の速度を速めるためのネットワーク技術を開発中です。もしそれが実現した場合、手数料もほぼゼロで、取引スピードも数秒以内で完了するというかなり革新的なものになり、ビットコインキャッシュのメリットが潰されてしまう形になります。実現にはまだ数年かかるとは言われていますが、今後の動向は気にしておく必要があります。

ハードフォークのトラブルでお困りの時はCCRに相談しよう

ビットコインキャッシュをこれから始める方は問題ないのですが、ビットコインがハードフォークによってビットコインキャッシュと分岐した当時から利用している方は注意が必要です。というのも、分岐をきっかけに残高が消滅してしまったというトラブルが散見されているからです。

もし、あるはずのビットコインキャッシュがなくなってしまっていたり、これからビットコインキャッシュを購入するにあたってなにか不安なことがあれば、CCRに問い合わせることをおすすめします。CCRは仮想通貨の現金化トラブルに関して確かな実績を持つ会社で、相談も無料なので安心感があります。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう
→失った暗号通貨を救済する CCR