rippurufukkyuufukugen

ビットコインキャッシュ専用のウォレットアプリ「Yenom」

「ビットコインで、遊んでみるなら」というコンセプトを元に作られた「Yenom(エノム)」というアプリは、ビットコインキャッシュの送信・受け取りが可能なウォレットアプリです。そのコンセプトの通り、シンプルな作りのために使い方が非常に明快で、ビットコインキャッシュの授受が一瞬で行われます。

会員登録などの手続きも必要なく、アプリをインストールして起動すれば誰でもすぐにウォレットを保有することが可能なのも特徴の1つです。まさに、電子財布という手軽さを一面に出しているアプリなので、仮想通貨ってなんだか難しそうと思う方にこそこの「Yenom」から始めてみて欲しいと思います。

秘密鍵のないシンプルなウォレットサービス

rippurufukkyuufukugen

ちなみに、「Yenom」はmoneyを逆に綴ったもので、「既存の貨幣概念を覆す」という意味があります。すなわち、通貨取引に必要になる煩雑な手続きを可能な限り削り落としているということです。

普通、仮想通貨を扱う際にはどこかの取引所でアカウントを作成したり、ウォレットを開設する必要があります。この時点で、「なんだか難しそう」と敬遠してしま人が多いのが現実です。

しかし、Yenomならばアプリをインストールするだけでスマートフォンのなかにウォレットが作成されます。あとは、アプリを起動した画面に表示されるアドレスを入力すれば、ビットコインキャッシュの授受が完了します。ビットコインキャッシュという単一の仮想通貨に特化しているので、選択画面というものも存在しません。これほどまでに簡単に仮想通貨のやり取りが可能なアプリは他に無いでしょう。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう
→失った暗号通貨を救済する CCR

実際に「Yenom」を使うときの注意点

rippurufukkyuufukugen

アカウント作成の必要のないシンプルな使い方が特徴のYenomですが、もちろん注意点はあります。

まず、アカウントを作成しないということは、ユーザー毎にシークレットキーが与えられないということになります。基本的に仮想通貨のウォレットというものは、シークレットキーというものが各自に配られ、プロパイダ会社が資産にアクセスできないようになっています。一般的なウォレットならば、そのシークレットキーはユーザーにゆだねられているのですが、Yenomはユーザー毎ではなくそのインストールされた端末毎にシークレットキーが与えられているという仕組みを持っています。

つまり、誰がウォレットにアクセスしているかではなく、どの端末がウォレットにアクセスしたかというレベルでのセキュリティしかないということです。例えば、端末を落としてしまい他の誰かがその端末でYenomを起動したとすれば、自由に使えてしまうということです。この点はYenomを利用する上で注意しなければなりません。実際、Yenomではあまり多くの金額を入れすぎると「入金し過ぎです」という警告ウィンドウが出るようになっています。

しかし、これもある意味で現実の財布と同じような感覚で考えてもらえれば良いかと思います。財布を落とせば拾った人に使われてしまうかも知れない、あまり大金を財布に入れるとリスクがある、というのは同じですよね。

仮想通貨は難しいというイメージを捨てて始められる

仮想通貨が話題に出ることも多くなった昨今ですが、手続きが煩雑で始めたいけど始められないという方も多くいます。そんな方々にとってはYenomというアプリは強い味方になってくれると思います。

まずはなにより、仮想通貨を実際に持ってみて、使ってみることから始めるとイメージも変わってくると思います。

対応機種はiOSもAndroidで、利用も無料ですのでとりあえずインストールして仮想通貨に触れてみて下さい。Yenom利用できるビットコインキャッシュも怪しい仮想通貨では決して無く、むしろこれから主流通貨の1つになるかもしれない人気仮想通貨ですので、安心して始められるはずです。

▽▽現金化を諦めるな!まずはCCRに問い合わせてみよう

→失った暗号通貨を救済する CCR