rippurufukkyuufukugen

リップルコイン(XRP)を買うには口座が必要です

仮想通貨の認知度も高まり、今からでも比較的手を出しやすい価格帯のリップルコインから始めてみようと思っている方は多いはずです。仮想通貨の市場予想でも、2020年までは緩やかに上昇していくと見込まれています。

リップルコインは、手軽に始められるうえに利益が見込める初心者向けの仮想通貨と言えるでしょう。

しかし、リップルコインをはじめとする仮想通貨は、お金があればだれでも購入できるというわけではなく、まずは「ウォレット」と呼ばれる仮想通貨専用の口座を作る必要があるのです。今回は、リップルコイン専用の口座、リップルウォレットの作り方を解説していきます。

リップル 復旧 復元:シークレットキー紛失

シークレットキーを忘れずに保管しておく

rippurufukkyuufukugen

現在、リップルウォレットは公式サイトから作ることができなくなっており、主にyxxyunさん作成のripple-client-desktopが使われています(ダウンロードページ:https://github.com/yxxyun/ripple-client-desktop/releases/tag/ripple-client-desktop-v1.0.29)。

ダウンロードをしたら、実行ファイルを起動しアカウントを作成します。パスワードは、大切な資産を守るためにも英数字を組み合わせた30文字程度の強固なものにしておきましょう。

その後、「アカウントを暗号化」というボタンをクリックすると、ログインに必要な暗号化されたテキストが表示されますので、必ず保管しておきましょう。

次は、シークレットキーの保管になります。これがもっとも大切なステップです。表示画面を写真に撮ったり、コピーしてテキストファイルを保存したり、USBにバックアップをとったりなどなど、とにかく出来得る限りの工夫を凝らして紛失しないようにしてください。シークレットキーを失ったら、仮想通貨を管理できなくなると考えておきましょう。

ただし、クラウド上などハッキングの対象になりうるところには保存しないようにしてください。もし他人に盗まれたりした場合、簡単にウォレットの中身を抜き取られてしまいます。

移管作業を忘れていた:ログインできないケース

リップル復旧 復元:ウォレットアプリ誤削除

リップルウォレットをゲートハブへインポートするには?

rippurufukkyuufukugen

現在、公式サイトではリップルウォレットを作成できませんし、利用もできません。したがって、既に公式サイトで作成したリップルウォレットを持っているという方の場合、リップルを扱うためにはそのウォレットを他のウォレットサービスへ移管する必要があります。

リップル公式では、ゲートハブへの移管を紹介していますので、その手順を解説していきます。

まずはゲートハブでアカウントを作成し(https://www.gatehub.net/)、ログイン後インポートタブをクリックし、任意のウォレットネームをつけます。移管したいリップルウォレットのシークレットキーを入力してインポートをクリックすれば移管は完了です。

CCRなら、かなりの高確率で復旧可能

リップル 復旧 復元:CCR 依頼方法

いざというときはCCRへ相談!

リップルコインを始めるためには、今回紹介したようにウォレットを作成する必要があります。また、数年前にリップルコインを買っていたけどしばらく放置していたという方が、再びリップルコインを扱おうとした場合には、ゲートハブなどの他のウォレットサービスへの移管が必要になります。

新しくウォレットを作成する際、ウォレットを移管する際、どちらにおいても「シークレットキー」がとても大切になります。紛失してしまうと自分のリップルコインを現金化することができなくなってしまったり、誰かに盗まれたりすれば残高を抜き取られてしまったりするかもしれません。シークレットキーの取り扱いには十分気を付けるようにしましょう。

しかし、万が一無くしてしまったという方でも、CCRというサービスを利用すればもしかしたら復旧が可能かもしれません。相談は無料ですので、もし何かお困りのことがあれば気軽に相談してみてください。シークレットキーのトラブル以外にも、ウォレットの扱い方などの問い合わせにも対応してくれます。

リップル 復旧 復元:仮想通貨現金化に成功

リップル 現金化成功事例:I.Sさん