rippurufukkyuufukugen

数年前にリップルトレードでリップルコイン(XRP)を購入していたものの、その後放置してシークレットキーすらもすっかり忘れてしまったという人は多いです。

 

近年の急激な価値高騰をきっかけにリップルを思い出したものの、現金化(復元)できなくて途方に暮れてしまうということもあります。※2020年現在の価格は大分落ちていますが・・

 

かく言う私も、ずっと放置していたリップルを1000万円近くそのまま失うところでしたが、偶然シークレットキーが見つかって事なきを得ました。

 

しかし、利用者の中にはシークレットキーが見つからずログインも現金化もできないという絶望的な状況に生ってしまった方も少なからずいます。

 

今回は、そんな途方に暮れている方にこそ知って欲しいCCR(Crypto Currency Rescue)という仮想通貨復旧・復元サービスを紹介します。

>>失った暗号通貨を復元・救済する CCR

リップル 復旧 復元:シークレットキー紛失

rippurufukkyuufukugenリップルが現金化できないトラブルの原因で最も多いのが、シークレットキー(秘密鍵)の紛失です。

シークレットキーは、普段リップルを利用しているときほとんど使わないものなので、大事な割には紛失しやすいという危険な要素があります。

 

しかも、シークレットキーは「s」から始まる32桁もの英数字なので、記憶しておくのはそもそも無理な話です。

シークレットキーはメモをして大切に保管しておかなければならないのです。

とは言え、通常ならキーの情報が手元に残っていなければどうしようもありません。

 

しかし、CCRならIDやパスワード、メールアドレスなどの情報を元にして復元が可能な場合があります。

シークレットキーを紛失してしまっていても、諦めずにまずは一度問い合わせてみることをオススメします。

 

失った仮想通貨の復旧・復元にはまずその原因を把握することが必要ですが、XRPのような海外発の仮想通貨では海外サイトを経由することも多く、手間も時間もかかります。

移管作業を忘れていた:ログインできないケース

トラブルのもう一つの大きな原因は、リップルトレードからの移管作業を忘れていたというものです。

 

リップルトレードは、2016年でサービスの提供を終了しており、その後もリップルを扱うためには他のウォレットプロバイダーへの移管(アカウントの移行)をしておく必要がありました。

 

しかし、数年間リップルを放置していた方々の多くは、その情報を知らずに期限までに移管作業を完了できていないことが非常に多いです。

 

現在では、リップルトレードへログインができないので、そのアカウントでXRPの現金化や他のウォレットへの移管作業もできません。

そんなトラブルにも強いのがCCRです。

 

CCRならログインのIDやシークレットキーがあれば復旧・復元可能な場合があります。

特に、シークレットキーが手元にある場合は復旧に成功した事例も沢山あります。

もし、今抱えている問題が「移管のし忘れ」であれば復元できる可能性は非常に高いです。

リップル復旧 復元:ウォレットアプリ誤削除

rippurufukkyuufukugen

スマホやパソコンにインストールしていたウォレットアプリを誤って削除してしまったり、スマホやパソコン本体そのものを壊してしまうなどのケースで現金化できなくなることもあります。

この場合は、定期的にバックアップを取っていて、ウォレットのアカウント情報さえ分れば個人でも復旧・復元は可能です。

 

しかし、そうでなければ個人で復元することは難しいでしょう。

アプリの配信元に問い合わせても対応してくれることは珍しく、泣き寝入りを強いられることも多いです。

ただ、CCRならそのような場合でも復旧・復元できる可能性は高いです。

CCRなら、かなりの高確率で復旧可能

リップルコインは比較的歴史の長い仮想通貨であり、を購入したタイミングによってトラブル内容は異なります。

もともとCCRは、2017年にリップルコインの救済を行う会社「RippleRecover」として設立されました。

つまり、CCRで扱う仮想通貨の中でもXRPにおいては格段の実績とノウハウが蓄積されているということです。

リップルコイン登場初期から現在に至るまで、全ての現金化トラブルに速やかに対応してくれるため、利用者からすればとても助かります。

 

そして、CCRの何より素晴らしいところは、復旧・復元に関する相談は無料であり料金が一切かかりません。

もっと言えば、現金化できなければ1円もかからないという完全成果型報酬です。

依頼側からすれば、完全にリスクゼロでリップル(他の仮想通貨含む)復旧・復元にトライできるということです。

 

ダメ元でも良いので、まずは一度CCRに現状を訴えてみてください。

人によっては、IDやパスワード、シークレットキーを他人に開示することに不安を覚えるかもしれませんが、CCRはいくつもの同案件で確かな実績を残している企業です。

公式ホームページでも、復旧に成功した依頼者の口コミが紹介されているので、参考にしてみてはどうでしょうか。

そうすれば、CCRの対応がとても素早く、確実であることがわかると思います。

ちなみに、CCRはリップルの復旧・復元だけでも既に5億円以上の現金化に成功しています。


リップル 復旧 復元:CCR 依頼方法

CCRの実績に納得できたら、早速リップルの復旧・復元依頼をしましょう。

※リップル以外の通貨でも復元できるケースはあります

ここからは、CCRのお問い合わせから復旧・復元までの流れについて解説していきます。

 

まずは、CCR公式ページより、自分の置かれた状況について問い合わせを行います。

お問い合わせフォームは公式ページ上段の「Service」、あるいはトップページの「サービスを確認」をクリックします。

 

rippurufukkyuufukugen

rippurufukkyuufukugen

CCRのサービス内容についてのページになりますので、そのまま最下段近くまでスクロールしてください。

灰色の「お問い合わせフォームへ」というバナーをクリックしてください。

 

rippurufukkyuufukugen

あとは、表示された入力フォームに必要事項を入力していくだけでOKです。

その後は、CCRからメールが届きヒアリングがスタートします。

 

メールでは上手く伝えられない、という場合は電話でのヒアリングにも対応してくれます。

要望があれば直接顔を合わせてのヒアリングも可能です。

成果報酬の見積もりに納得ができたら、そこで正規受付となり、CCRによる復旧作業が開始する流れです。

 

もし、リップルの復旧・復元が成功した場合には、そこから成果報酬を差し引いた金額が指定のウォレットに送金されることになります。

復旧が不可能だった場合には、代金が請求されることはありません。

 

こちらのやるべきことは、現状を正しくCCRに報告することのみであり、あとはリップルの復旧・復元を祈って待つのみです。

難しい手続きや先立つ経費は一切ないため、気軽に申し込んでみて構わないと思います。

>>CCR公式:リップルを復旧・復元する

リップル 復旧 復元:仮想通貨現金化に成功

rippurufukkyuufukugen

このサイトからCCRに仮想通貨復旧依頼を行い、実際に成功した事例を紹介していきます。

※先に言っておきますが、リップルの成功事例が多いです

 

ただ、私がこのサイトを立ち上げたのは2018年1月20日、執筆日は1月31日ですのでまだ一人も復元できていません・・・

※追記:2020年もリップルの復旧作業は進んでおります

 

と思いきや、僅か3日ほどで仮想通貨復元に成功したユーザーが現れました。

これは、相当ニーズがある、というか困っている人が大勢いるということですね。

 

そんな、悩めるユーザーが一人でも救われることを祈りつつ成果報告をしていきたいと思います。

このページが成功事例で埋め尽くされる日がくることを祈りながら。

リップル 現金化成功事例:I.Sさん

お名前(イニシャル) I.S様
通貨 リップル(XRP)
完了日 2018年1月23日
完了枚数 10,506 XRP
円換算 約1,320,000円 ※変動あり

 リップルレート:125円

BCH 現金化成功事例:H.Kさん

 ※2019年・2020年の最新情報は、このページ下部に記述してあります

お名前(イニシャル) H.K様
復元通貨 ビットコインキャッシュ(BCH)
復元日 2018年2月9日
復元完了枚数 425 BCH
円換算 約60,450,000円 ※変動あり

金額がデカすぎて腰が抜けそうになる。

こんなに凄まじいお金を手にしてしまったらどんな人生を送るのだろうかと。

LTC 現金化成功事例:T.Kさん

お名前(イニシャル) T.K様
復元通貨 ライトコイン(LTC)
復元日 2018年3月21日
復元完了枚数 2,235 LTC
円換算 約401,300,000円 ※変動あり

仮想通貨、おそるべし。

こんな人達が、わんさか出てくるかもしれないと思うと羨ましい限りだ。

リップル 復旧 復元:2018年7月追記

rippurufukkyuufukugen

さらにこのサイトから3名のユーザーさんがCCRに仮想通貨復旧依頼をしています。

銘柄は、リップルとエイダコイン。

 

リップルについては1480枚の復元依頼と少なめですが、エイダコインはなんと324,000枚です。

今の価格が14~15円ほどなので、復旧が上手くいけば少なく見積もって4,536,000円になります。

これまた凄い。

 

ここ数年内のピーク時には、150円という価格をつけていたのでその頃であれば、48,600,000円。

もし、私が当事者であれば『嬉しいけど悔しい。』というような、なんとも複雑な気持ちになりますね。

とは言え、復旧できなければ0円なわけですからやっぱり嬉しいか・・

仮想通貨界隈には悩める人が多い

このサイトを運営し始めてから数ヵ月が経過しましたが、仮想通貨界隈(特にリップル)で困っている人はとても多い印象です。

買ったときよりも価格が下がってしまい落ち込んでいる人もいれば、『多くの利益がのっているにも関わらずリップルが現金化できない』という人もいます。

 

前者であればよくある悩みで諦めもつきますが、後者は特に辛いはずです。

目の前に大金があって、紛れもなく自分のものなのに使えない・・

そんな人の多さに驚きを隠せません。

 

いずれにしても、リップルなどのシークレットキーやIDは大切に保管して後で辛い思いをしないよう注意してください。

XRPの問い合わせが多い:2018年5月追記

最近はリップル復旧・復元のお問い合わせが多いです。

CCRはリップルでの実績が一番多いため、かなり高い確率で成功すると思います。

 

ちなみに、現在進行形でリップルを約80,000XRPのご依頼をされているユーザーさんがいます。

いつも思うのですが、仮想通貨界隈が冷え込んでいた初期の頃にこれだけ仕込んでおくとは、先見の明があっていいですね。

 

多くの人が仮想通貨に対し完全スルー状態だったにも関わらず、水面下で素晴らしい判断をされたと感じます。

いつの時代も、先行者利益を狙う嗅覚を持ち、初動の早い人は勝つべくして勝つようになっています。

 

リップルの現在価格は約50円程度ですが、80,000XRPもあれば4,000,000円は固い。

全盛期であれば32,000,000円越えです。


大口さんが現れた!2018年8月:追記

新規でXRP復元に成功したユーザーさんが出ました。(若干のタイムラグあり)

今回も100,000XRPという大口です。

 

復元日が8月31日だったので、当時のレートは37円。

結構な金額が得られたようで『良かったですね』という思いと、やはり「羨ましい。。」という気持ちが交錯しています。

 

お名前(イニシャル) Y.O様
通貨 リップル(XRP)
復元日 2018年8月31日
復旧完了枚数 100,000 XRP
円換算 約3,700,000円 ※変動あり

金額は370万円。

このユーザーさんもリップルを現金化できなくて諦めかけていたとき、CCRに復旧依頼をかけて上手くいったようです。

 

ただし、復元依頼をしてもすべてが復旧できるわけではありません。

一方で、Yさんのように現金化に成功する事例もたくさんあるわけです。

0円か370万円か。。。大きな違いです。

完全に諦めてしまう前に問合せしてみる価値はあると思います。

リップル 復旧 復元:成功ユーザーが多数?

実は、2018年9月26日時点でこのサイトからCCRにリップル復元依頼をかけているユーザーさんが結構存在します。

80,000枚所持している人や、140,000枚以上の方もいるようです。

※すみません、進捗状況が載っているので日付以外はモザイクにさせてください。また、執筆時期にタイムラグがあるため、2019年7月まで記載されています

 

rippurufukkyuufukugen

 

本日のレートは、先日の爆騰のお陰で58円ほどなので、そのまま円換算すれば、8万枚で464万円、14万枚で812万円ですね。

上手くいったら少し分けてほしい。

というのは冗談ですが、改めて仮想通貨の威力に驚愕してしまう今日この頃です。

XRP 現金化成功事例:S.Hさん

お名前(イニシャル) S.H様
通貨 リップル(XRP)
復元日 2018年11月12日
復旧完了枚数 18000 XRP
円換算 約792,000円 ※変動あり

リップルレート:44円

リップル 復旧 復元:3日連続で現金化

2018年11月は、3日連続でXRP復元に成功しています。

良いことですが、みなさん、シークレットキーは大事に保管しましょうね。

XRP 現金化成功事例:I.Wさん

お名前(イニシャル) I.W様
通貨 XRP
復元日 2018年11月12日
復旧完了枚数 110000 XRP
円換算 約4,840,000円 ※変動あり

リップルレート:44円

XRP 現金化成功事例:J.Kさん

お名前(イニシャル) J.K様
通貨 XRP
完了日 2018年11月13日
復旧完了枚数 50000 XRP
円換算 約2,200,000円 ※変動あり

リップルレート:44円

リップル 復旧 復元:成功事例多数あり

rippurufukkyuufukugen

2019年以降も多くの復旧成功事例が出ています。

それも、リップルばかり。

すべては載せきれないので、スポット的に記載しておきます。

XRP 現金化成功事例:T.Tさん

お名前(イニシャル) T.T様
通貨 リップル(XRP)
復元日 2019年3月1日
復旧完了枚数 85000 XRP
円換算 約2,800,000円 ※変動あり

リップルレート:33円

XRP 現金化成功事例:T.Hさん

お名前(イニシャル) T.H様
通貨 リップル(XRP)
復元日 2019年7月18日
復旧完了枚数 35000 XRP
円換算 約1,300,000円 ※変動あり

リップルレート:37円

リップル 復旧 復元:価格低迷中でも現金化

rippurufukkyuufukugen

2020年もそれなりに好調のようです。

仮想通貨全般の価格が低迷していることは残念ですが。

XRP 現金化成功事例:S.Rさん

お名前(イニシャル) S.R様
通貨 リップル(XRP)
復元日 2020年1月25日
復旧完了枚数 70000 XRP
円換算 約1,610,000円 ※変動あり

リップルレート:23円

XRP 現金化成功事例:Y.Mさん

お名前(イニシャル) Y.M様
通貨 リップル(XRP)
復元日 2020年3月19日
復旧完了枚数 35000 XRP
円換算 約740,000円 ※変動あり

リップルレート:21円

仮想通貨は大切に保管しましょう

今後も進捗状況を追記していきます。

多くの人の役に立てれば嬉しいですが、そもそもの仮想通貨管理をきちんと行うことが大切です。

 

通貨価格は突然上昇したりするので、即時現金化できるよう準備しておきましょう。

いざ現金化しようとしたら「シークレットキーがわからん!」というような事態は避ける必要があります。

 

仮想通貨も大切な「お金」ですので、同等に扱うようにしてください。

>>CCR公式:リップルを復旧する